白鳥園について

白鳥園について

これまでも、これからも
愛される白鳥園へ

雄大な山々、悠然と流れる千曲川、そして向こう岸には戸倉上山田の温泉街。
美しい景色に囲まれて、ここ白鳥園は昭和35年の開業以来、
長年にわたり多くの皆様に愛されてきました。

今回のリニューアルオープンを迎えるにあたり、
市民参加のワークショップを経て決定した湯のさと ちくま 白鳥園のコンセプト。

それは、温泉だけでなく、食事だけでもない
地域交流ができるコミュニティスパという存在。
訪れる皆様がワクワクできる場所。
それが新しい白鳥園です。

白鳥園の歩み

昭和天皇にも愛された名湯。

昭和35年、地域の期待を一身に受けて、白鳥園は開業しました。 かつては昭和天皇がご宿泊された格式高い温泉観光ホテルとして、また平成15年からは日帰りの温泉施設として、長きにわたり地域の皆さんに愛されてきました。 マンモス風呂と称された広い内湯や、ゲームコーナーに卓球台、そして大広間での大衆演劇 …。
1日いても飽きないアミューズメント施設としての魅力、そしてファンの多かった美味だれ焼き鳥や曲面鏡はそのままに、何よりも地域の皆さんがゆったりと過ごせる憩いの場であり続けたい。それが「湯のさと ちくま 白鳥園」の想いです。

昭和35年 1月 戸倉上山田ヘルスセンター開業
昭和37年 8月「戸倉メリーランド白鳥園」に名義変更
昭和39年 5月 昭和天皇ご宿泊
平成15年 4月 長野県が戸倉町に施設及び経営移転
9月 更埴市、戸倉町、上山田町の3市町が合併し千曲市となる。合併後、千曲市が施設を取得し直営の日帰り温泉施設にリニューアル
平成24年 10月〜 新白鳥園整備事業のための市民会議を開く(全5回)
平成27年 10月「湯のさと ちくま 白鳥園」としてリニューアルオープン